ここでは大腸の構造について、詳しく説明しています。

腸は内臓の中でも消化器系に分類される臓器です。腸の構造は小腸と大腸の大きく2つに分けられます。大腸はさらに盲腸と結腸と直腸に分けられます。結腸はさらに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の4つに分かれています。
腸は全長が約7mほどの長さがあり、その中で小腸は約5m、大腸は残りの約2mほどの長さがあります。


sponsored link




盲腸は右側の腹腔下部にある袋で、虫垂と回盲弁で小腸から大腸への食物の流動を調整して、大腸からの逆流を抑制しています。上行結腸は腹腔の右側を上がり、横行結腸は左側へと向かい、そして下行結腸が下がっていきます。S状結腸はS字の形をしていて骨盤内に収まります。最後に直腸へと続きます。

大腸は主に残った水分の再吸収の役割を担っており、小腸から送られてきた消化物をさらに発酵させることでカスを作り出し、最終的に便として排出させる役目を持っています。また、出来た便を排出するまで貯蔵しておく役割も併せて持っています。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 十二指腸潰瘍とは

⇒ 小腸

⇒ 十二指腸潰瘍の症状

⇒ 十二指腸潰瘍の治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
12sityoukaiyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。