ここでは十二指腸潰瘍の原因について、詳しく説明しています。

十二指腸潰瘍の大きな原因として、ピロリ菌感染によるものが挙げられます。十二指腸潰瘍のほとんどがピロリ菌感染です。
ピロリ菌は正式にはヘリコバクター・ピロリ菌と言う細菌で、基本的に経口感染が主な感染経路と考えられています。ピロリ菌感染が主な原因ではありますが、感染しているすべての人が十二指腸潰瘍になるというわけではなく、活動が活発になることで潰瘍を作る原因となってしまいます。


sponsored link




原因は他にもあります。まずは食事によるものです。
暴飲暴食によって胃や十二指腸、その他の内臓に負担がかかり、機能が低下して消化のバランスが崩れることで潰瘍を作る要因となってしまいます。

そして、過労やストレスも原因のひとつとなります。過労やストレスは自律神経のバランスを狂わせてしまい、それによって胃酸が過剰に分泌され潰瘍を作る要因となってしまいます。
特にストレス社会とも言われる現代社会においては、ストレスは切っては切り離せないものです。ストレスによる胃や十二指腸へのダメージは、一昔前と比べると増加傾向にあります。

sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 十二指腸潰瘍とは

⇒ 症状について

⇒ 治療について

⇒ 予防について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
12sityoukaiyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。