ここでは十二指腸潰瘍とはどんな病気なのか、詳しく説明しています。

潰瘍とは皮膚や粘膜の組織が破壊され、ただれている状態のことを指して言います。胃酸は強い酸性で、胃内を常に酸性で保ちながら、消化物を溶かす事と消化物の腐敗を防ぐ事の2つの役割を持っています。この胃酸の働きに不具合が生じることで胃の粘膜を傷付けてしまうと、胃潰瘍になってしまいます。


sponsored link




そして十二指腸も同じく胃酸によって粘膜が傷付けられることで十二指腸潰瘍になってしまいます。これらを合わせて消化性潰瘍と呼びます。

また両者の大きな違いとして、胃酸の分泌量があります。十二指腸潰瘍では圧倒的に胃酸の分泌が活発で過酸症であることがほとんどですが、胃潰瘍の場合は逆に胃酸の分泌は正常かやや少ない程度なのが特徴です。また十二指腸潰瘍は10〜20代の若い方に多く見られるのに対し、胃潰瘍は40歳以上の中高年の方に多く見られます。

潰瘍が進行して血管まで傷付くと、当然出血します。ここでの出血は吐血や下血といった症状となって現れ、ここでようやく病気に気付くということもあるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 原因について

⇒ 症状について

⇒ 治療について

⇒ 検査方法と費用



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
12sityoukaiyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。