ここでは十二指腸潰瘍の予防について、詳しく説明しています。

十二指腸潰瘍はピロリ菌感染によるものが大半ですが、実は日本人の半数以上がピロリ菌に感染していると考えられています。特に中高年の方に非常に多く、第二次大戦後の衛生管理が整うまでの環境下で、多くの方が感染したと考えられます。


sponsored link




感染経路は経口感染ですが、感染を防ぐことはかなり困難でしょう。しかし感染したからといってすべての人が発症するのであれば、今頃日本は大混乱です。感染イコール発症というわけではなく、ピロリ菌の活動が活発になる要素がさらに発症の確率を高めていることが考えられます。

その要素が、ストレスや暴飲暴食などの自己免疫力の低下です。体調が悪い時ほど免疫力は低下し、ピロリ菌の活動が盛んになります。こうならないよう日頃から予防することが重要です。

十二指腸潰瘍を予防するには、生活習慣の改善が必須です。喫煙や過度の飲酒は胃腸に大きな負担をかけます。また暴飲暴食を避け、規則正しい食生活を心掛けることも予防法となります。そしてストレスも溜めこまないようにしなくてはいけません。これが一番難しい問題ですが、自身でストレスを軽減できる方法を確立したいものです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 治療について

⇒ 検査方法と費用

⇒ 原因について

⇒ 症状について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
12sityoukaiyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。